【最新版】Elementorで固定ページを複製する方法【作業の効率化も解説する】

Elementor初心者マン
Elementor初心者マン

Elementorで固定ページを複製する方法を教えて下さい。

同じページを何枚も一から作るのめんどいです。

本記事ではこんな疑問にお答えします。

Elementorで固定ページを複製する方法は、結論プラグインを導入すればOKです。

この記事では、固定ページを複製するプラグインとその使い方を解説していきます。

…解説と言ってもかなり簡単なので、わかる人は最初を読んでいただければ解決するかと思います。

複製方法の解説だけでは味気ないので、ページ作成を爆速化する方法も併せて解説していきますね。

本記事の内容
  • Elementorで固定ページを複製する方法がわかる
  • Elementorでのページ作成を爆速化していく方法がわかる
本記事の対象読者
  • Elementorを最近使い始めた
  • Elementorを使ってWeb制作をしていきたい
  • Elementorでの作業の効率化を図りたい

記事を書いているぼくは、Elementor使用歴2年の現役Webエンジニア。
Web制作会社で働きながら個人での制作案件も受注しており、実際にElementorを使ってサイトを納品してきた実績があります。

わかりやすく解説するのでぜひ参考にどうぞ。

Elementorで作った固定ページを複製する方法

プラグインを使います。

上記のうち、どのプラグインを使ってもページを複製することができます。

迷ったら、Yoast Duplicate postがおすすめ。シンプルで使いやすいですし、更新頻度も高いです。

今回はYoast Duplicate postを例に手順を解説していきますね。

固定ページを複製する手順

プラグイン「Yoast Duplicate Post」を追加する

まずはプラグインを追加して、有効化しましょう。

「Yoast Duplicate post」で検索
固定ページ画面で「複製」を選択

固定ページの編集画面に移り、複製したいページにカーソルを合わせます。

「固定ページ」⇨複製したいページにカーソルを合わせる⇨「複製」をクリック

するとこのように、「複製」の項目が増えているのがわかるかと思います。

あとはクリックしてページを複製しましょう!

複製したページを編集する
複製されたページは下書きとして保存」される

複製したページが上記のように表示されていればOKです。複製したページは下書きとして保存されます。

Elementor編集画面で「更新」する

複製したあとは、Elementorの編集画面で必ず「更新」をしましょう。

複製後のページは「更新」する

複製したページをそのまま公開して表示すると、デザイン崩れが発生します。詳しくは下記の記事を参照。

デザイン表示崩れの例

上記のようにデザインが崩れます。

これで固定ページを複製する方法は以上です。

Elementorのページ作成を爆速化させていく方法

同じようなページを複製して作ってしまいたいあなたは、きっと作業の効率化を求めているはず。

Elemenorのページ作成は工夫すれば作業効率が爆上がりします。

これから解説する方法でページを作成していけば、2〜3倍の効率UPが見込めますよ。

セクションをテンプレに保存しよう

Elementorのテンプレート機能を使えば、作成したセクションをテンプレ保存することができます。

づみ
づみ

セクションの余白調整を毎回やるのってアホくさいですよね…

セクションのスタイリングはどのページでもだいたいは一緒のはず。だから、テンプレートとして保存してどこでも使えるようにしておきましょう。

また、保存されるのはセクションに含まれるウィジェットも該当します。つまり、どのサイトでも同じようなレイアウトになるお問い合わせページなどはテンプレ化できるというわけです。

テンプレート機能についてわかったところで、早速やり方を見ていきましょう。

作ったセクションをテンプレートに保存する方法

保存したいセクションを選択し右クリック

テンプレ化したいセクションがあるページの編集画面を開きます。

開いたら、セクション青枠にカーソルを合わせ、右クリック。

テンプレートとして保存する

表示された「テンプレートとして保存」をクリックしましょう。

すると以下の画面が出てくるので、名前を決めて保存します。

これで、さきほどのセクションをテンプレートとして保存することができました。

保存したテンプレートを他ページで使用する方法

次に、保存したテンプレートを他ページで使用する方法を見ていきましょう。

セクション作成から「テンプレート」を選択
中央のフォルダアイコンをクリック

セクション作成の中央フォルダアイコンをクリックします。

テンプレートライブラリの画面

テンプレートライブラリの画面が開くので、さきほど保存したテンプレートを「挿入」しましょう。

ドキュメント設定をインポート

上記のような注意喚起が表示されますが、そのまま「はい」をクリックします。

これで保存したテンプレートを使用することができました。

表示がおかしい場合

スタイリングが思い通りになっていない場合は、なんでもいいので編集を加えて更新してみましょう。

まとめ:Elementorページは複製とテンプレートの使い回しで作業を爆速化しよう

記事のまとめです。

  • 固定ページの複製は、プラグイン「Yoast Duplicate Post」を使おう
  • 作業を爆速化させるには、テンプレートを使いまわそう

今後も引き続きElementorに関するお役立ち情報を発信していこうと思います。

その他、Elementorに関する記事は下記からどうぞ。

無料版Elementorでヘッダーを作成する方法【カスタマイズ方法も解説する】 【レビュー】Elementor Proは実際どうなのか?【結論→導入価値はあり】 【Elementor Pro】ポストウィジェットのページネーションが効かないときの対処法 Elementorとは?初心者向けに、概要からできることまで優しく解説する 【Elementor】プラグインを使わずにアイコンボックス全体をリンク化させる方法 【最新版】Elementorで固定ページを複製する方法【作業の効率化も解説する】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA